スタッフの新型コロナウィルス感染に関するお知らせ

 ソフィア訪問看護ステーション経堂(住所:東京都世田谷区宮坂)のスタッフ一名が新型コロナウィルスのPCR検査の結果、8月26日に陽性判定を受けました。
 当該スタッフは症状出現前2日間は休暇のため出勤しておらず、症状出現後は感染拡大防止のため速やかに自宅待機をしております。判定を受け10日間程度の療養に入りました。
 保健所から事業所内スタッフで濃厚接触者の該当者はいないため通常営業の継続可能という判断をいただいております。
詳細は下記の通りです。

1.経緯
8月23日(日) 休暇中の当該スタッフが嗅覚異常を感じ、受診にてPCR検査を受ける。
8月24日(月) 感染拡大防止のため自宅待機。
8月26日(水) PCR検査の結果、陽性判定となり、療養を開始。

2.対応
 陽性判定後保健所へ状況を報告し、事業所内で濃厚接触者に該当するスタッフはいないとの判断を受けました。
 今後も引き続き業務中のマスクの着用、手指消毒、日々の健康管理を徹底し、運営してまいります。
 当該スタッフは保健所の指示によりホテルで10日程度の療養に入り、復帰については担当医師の指示にて決定いたします。

【ソフィアメディの新型コロナウイルス感染対策の取り組み】
 ソフィアメディでは、新型コロナウイルスによる感染症危機に対する基本運営方針を、
「感染拡大を可能な限り予防し、お客様の在宅療養を守ること」
と定め、現在の感染症危機という状況においても、訪問看護サービスを必要としている方に適切にサービスをお届けするため、新型コロナウイルス対策本部を設置し、感染予防対策、退院療養されるお客様の受け入れなど様々な取り組みを行っております。
(1) ステーション及び訪問看護の運営ルール
(2) 新型コロナウイルス感染症対応ガイド
(3) コロナ対応専門チームの編成
(4) PPE(個人防護具)マニュアル
(5) 自主トレ応援プロジェクト