ソフィアの新型コロナウイルス対策① ステーション及び訪問看護の運営ルール

ソフィアメディでは、新型コロナウイルスによる感染症危機に対する基本運営方針を、
【感染拡大を可能な限り予防し、お客様の在宅療養を守ること】
と定め、現在の感染症危機という状況においても、訪問看護サービスを必要としている方に適切にサービスをお届けするため、新型コロナウイルス対策本部を設置し、感染予防対策、退院療養されるお客様の受け入れなど様々な取り組みを行っております。

<ステーション運営の基本方針>
訪問看護サービスを必要としている方へサービス提供を継続すること。

ステーション閉鎖によるサービス提供の継続が困難とならないように、ステーション内をチームで分けて運営しています。
ステーション全体への感染拡大を防ぐことが基本的な考え方となります。

1. 直行直帰により、他スタッフとの接触頻度を下げる。
公共交通機関の利用を最大限減らすことを目標とします。自転車・自動車で通勤が可能なスタッフにおいては、自転車および自動車にて直行直帰をすることとする。それにかかる諸経費は会社負担とします。

2. ステーション内での作業場を固定する。
ステーション内の1 つの部屋に全員が集まるのではなく、各部屋に自分の作業場及び居場所を固定することとする。
スタッフ同士の接触を可能な限り減らし、濃厚接触を避けることで、同一部屋のスタッフ以外は稼働が継続できるようにする。
また直行直帰チームを必ず設け、ステーション閉鎖を余儀なくされたときにも稼働できるスタッフが存在するようにする。

3. 対面でないとできないことを最大限減らす工夫をする。
電話やZOOM など各自が活用する携帯・iPad を用いて遠隔でできることを増やす。
ステーション内においても対面でなく、電話などでできることは済ます工夫をする。

4. 感染対策を最大限実施する。
出勤後、退勤前に各ドアノブやトイレ、洗面所の除菌清掃を徹底する。
共有物品については定期的にアルコール消毒をする。
またマスクなどの無駄遣いをなくす。

5. 定期的に遠隔でコミュニケーションをとり、チームワークを維持する。
ZOOM アプリを活用して週に1 回程度は定期カンファレンスを開催する。

<スタッフ・お客様の体調管理>
新型コロナウイルスは、感染後軽症状であることも多く、気づきにくいです。
日々のこまめな確認により、最大限の感染予防を行います。

1. スタッフは出勤前・勤務中・退勤前の体調確認を行う。
出勤前、退勤前、必要に応じて勤務中に体温測定を行い、37.5 度以上ある場合は出勤停止(または業務停止)とする。

2. スタッフ家族において感染疑い及び感染を認めた場合の対応
基本的には濃厚接触の可能性があるとしてスタッフ本人は休業し、必要に応じて医療機関への受診にて出勤可能性について判断する。

3. 体調不良による出勤停止期間やウイルス感染による休業補償を行う。
感染が疑われるために休業した場合には休業補償を行う。
感染を認め、休業した場合には傷病手当を支給する。
また休業しているスタッフへの配慮はステーションメンバー全員が忘れずに連絡を取り合うなどして、不安にさせないようにする。

4. お客様が体温37.5 度以上を認める場合には訪問前にご連絡をいただく。
難しい場合を除いて、各お客様においても体調の自己管理を行っていただき、感染拡大を防ぐ協力をしていただく。
また体温が37.5 度以上である、呼吸器症状を認めるなどの申し出がある場合には、感染制御を行って訪問する。
またお客様やご家族様へ、感染予防に関する教育指導を行い、感染しにくい日常生活を送っていただけるようにする。

5. お客様にも感染する可能性を想定して生活指導を行う。
不要不急な外出はせず、外出先や帰宅後の感染予防策をしていただくよう、ご指導する。
体調管理とできる限りのセルフケアを行っていただく。
内服薬については、医療機関受診の困難性にも備え1 か月以上保持していただくようにする。

以上

これらの取り組みは、状況に合わせ改善を続けてまいります。