訪問看護のソフィアメディ

募集要項・エントリー
お知らせ

シンガポール「8th Asia Pacific Eldercare Innovation Awards 2020」INNOVATION OF THE YEAR – COMMUNITY CARE MODEL 部門にて受賞いたしました

 ソフィアメディでは「ソフィアWOW!(Work for Our Wonderful life !)」https://www.sophiamedi.co.jp/recruit/support/など、医療スタッフがより健康で幸せに働き続けられることを目的に、様々な支援体制を整えてまいりました。
 超高齢社会にあって病院の病床数の不足が課題とされ、訪問看護の需要は高まっております。24時間の待機体制や365日対応が求められるなか、私たちは医療現場が抱える働き方の課題を解決し、「安心であたたかな在宅療養を日本中にゆきわたらせ、ひとりでも多くの方に、こころから満たされた人生を。」というビジョンの実現を目指しています。

 この度、シンガポールでAgeingAsiaが主催する「8th Asia Pacific Eldercare Innovation Awards 2020」のINNOVATION OF THE YEAR – COMMUNITY CARE MODEL 部門において、ファイナリスト5団体のうちの1社に選出されておりましたが、11月のWorld Ageing Festivalでの最終審査を経て、弊社が当該の賞を獲得することができました。

 「8th Asia Pacific Eldercare Innovation Awards2020」はアジアにおいて高齢者のエイジングに対し革新的で質の高いアプローチ、および高齢化社会の未来の形成に貢献した団体を評価するアワードです。
▼8th Asia Pacific Eldercare Innovation Awards 2020を主催するAgeingAsiaの公式サイト
https://worldageingfestival.heysummit.com/

■ソフィアメディの取り組み
 世界にさきがけて超高齢社会へ突入する日本では、多様な症状の患者のみなさまがご自宅でも療養生活を送ることが見込まれ、24時間の待機態勢や、365日対応の在宅医療体制が必要です。しかし、約156万人の日本の看護師のうち、訪問看護師はわずか3%しかいません。
 いっぽうで、働く人々にとっては育児をはじめとするライフワークバランスの難しさが大きな課題となっています。訪問看護師は病院で数年の経験を経て訪問看護に転職してくる方が一般的で、ライフイベントを迎える世代が多くいます。出産・育児で離職中の看護師の90%以上が復職に不安を感じているというデータもあります。
これらの社会環境に加えて、看護師にとっては長い勤務時間や過酷な労働環境など様々な課題がある上に、24時間の待機態勢や、365日対応のさらなる推進のためには、今までと異なる働き方も求められます。
 ソフィアメディは、日本に一刻も早く24時間365日対応の在宅医療体制をゆきわたらせるためにも、医療スタッフがより安心して働き続けられる環境をしっかりと整えることが不可欠と考えています。

“「生きる」を看る。”ぐるぐるモデル
 この「ぐるぐるモデル」は、私たちのミッションである「英知を尽くして”生きる”を看る。」をどのように実践し、ビジョンを実現するのかを示した価値創造モデルです。日本、世界の社会課題解決に貢献し、私たち一人ひとりの働きがいもまた増し、誇りと喜びを感じられるために、採用から入社研修・育成・要である「訪問看護」・それを支える両立支援・評価・表彰・お客様満足・従業員満足・社内外のコミュニケーション…すべてを一気通貫させる考え方と各種制度・施策の整理をまとめています。

※当社従業員向けガイドブックより抜粋

▼”「生きる」を看る。”ぐるぐるモデルについて、詳しくはこちら
https://www.sophiamedi.co.jp/news14564/