シンガポールで開催されたAgeing Asia2020 World Ageing Festivalにて、代表山本がスピーチを行いました

11月2日より25日までAgeing Asia2020 World Ageing Festivalが開催されています。
アジア各国で高齢者ケアに貢献する団体や企業が参加し、革新的な製品やサービスを紹介する大きなイベントです。
毎年シンガポールで開催されていましたが、第11回目となる今年はオンラインとリアルの複合での開催となりました。
世界35か国から5000人が参加し、様々なセッションやイベントが行われました。

そのなかで、弊社代表の山本遼太郎がスピーチを行いました。
テーマは”Round Model to support the older population”
世界に先駆けて超高齢社会となる日本で、ソフィアメディが掲げるビジョン、
「安心であたたかな在宅療養を日本中にゆきわたらせ、ひとりでも多くの方に、こころから満たされた人生を。」
その実現のための価値創造モデル「”「生きる」を看る。”ぐるぐるモデル」についてお話しさせていただきました。

また、弊社はAgeing Asiaが主催するアワード「8th Asia Pacific Eldercare Innovation Awards 2020」において、INNOVATION OF THE YEAR – COMMUNITY CARE MODEL部門のファイナリストに選出されております。