【教育トピック】昨年9~12月入社のスタッフが集まり「お客様に寄り添う」をテーマに議論白熱!症例検討会で更に絆を深めました!!

 梅の花の蕾が膨らみ始めた2/22(金)就業後、平成30年9~12月に入社した専門職40名ほどが一堂に集結し、フォローアップ症例検討会が開催されました!
 
入社後3~4カ月のスタッフを対象とした症例検討会では、グループワーク形式で協議・検討します。
 
 協議が発展し、話の焦点が脱線しそうな時は、経験豊富な管理者達がオブザーバー役としてバックアップしています。(多忙な管理業務の中、新入社員への教育にご協力頂き、日々感謝です!)
 
~本日の内容~
1.タイムスケジュール・グラウンドルールの確認
2.グループワーク
3.全体共有・質疑応答
4.オブザーバー挨拶
5.懇親会
 
 今回の症例検討会では、2つの課題について検討。
「お客様に寄り添う」をテーマに「身体面・心理面・社会面」「態度・言葉・気持ち」の視点から話し合いを行いました。
 

 

 

 
 
 臨床経験年数や、訪問経験の有無もそれぞれ異なるスタッフでの議論は白熱!まとめの作業では、ポストイットを活用したり、グルーピングしたり、各グループ試行錯誤しながら進めていました。各グループから笑い声が聞こえ、とても賑やかな雰囲気でした。
  
 オブザーバーの皆様は論点を整理したり、視点や目的に立ち戻るよう促したり、発表に向け交通整理をして下さいました。豊富なご経験を基にした視点から、参加スタッフは沢山の気付きを得ることが出来たことと思います。
 
 グループを代表して1名が発表。意欲低下の影響や障害受容の過程、専門職の具体的な関わり方や評価についてお話が出ました。それを受けオブザーバーからは「障害や病気になる前のお客様のことを考える」「人として何が出来るのか、自身の立ち位置を考えながらケアをする」といったコメントがありました。参加者は時に頷きながら、真剣な表情で聞き入っていました。

 お客様の気持ちの奥には何があるのだろうか?見えないものの裏にあるものにどうアプローチするか?お客様に向き合うこと、寄り添うことについて実践的に学ぶことが出来たのではないでしょうか。
 
 研修後は、お楽しみの懇親会です。久しぶりの再会に各テーブル大盛り上がり!ステーションの枠を越え、様々なお話に花が咲いていました。
 
 日々の訪問でお客様お一人おひとりと向き合い寄り添う中で、在宅ならではの楽しさやりがいを感じることもあれば、悩むこともあるかと思います。そんな時に思い出して頂きたいのが今日集まった同期です。
喜びも悩みも共有出来る仲間がいることは、大きな大きな強みです。さらに皆様の絆が深まり、スキルアップして頂けるよう、今後もサポート出来ればと思っております♪
  

 
 
 ソフィアメディでは、入社以降、時期・段階・立場に応じて、様々な研修メニューを取り揃え、社員の長期就業とキャリアアップを支援しています。専門職向けの症例検討、技術研修といったフォローアップだけでなく、マネジメントやマーケティング、リスクマネジメント、人間学にいたるまで実践で役立つ研修に拘ったメニューを実施しております。
これからもスタッフ一同自己研鑽を重ね、日々ケアをさせて頂いているお客様とご家族様、そして地域の皆様のために精進して参ります!!
 
<今後の研修案内はこちら↓>
●3/9(土)ソフィアメディセミナー
「福祉用具 ~正しいマットレスの選び方~」
 http://www.hokan-e-parlor.com/event/event4718/
 
●イベント案内
 http://www.hokan-e-parlor.com/events/
==============================
◆研修やセミナーについての問合せ
 クオリティ・マネジメントグループ:金杉
 TEL:03-6420-3875
 http://www.hokan-e-parlor.com/contact/

◆出張研修や講師派遣
 クオリティ・マネジメントグループ:篠木
 TEL:03-6420-3875
 http://www.hokan-e-parlor.com/contact/
 
◆訪問看護エデュケーションパーラー
 訪問看護に関わるスタッフの
 教育・研修に特化したWEBサイト。
 訪問の「技術向上」「健全経営」を支援します
 HP:http://www.hokan-e-parlor.com
 FB:https://ja-jp.facebook.com/educationparlor/