サイト内検索する
open

【ソフィアトピック】お世話になっている街に感謝を込めて…鹿島田にて清掃活動を行いました!

10月13日(土)、ソフィアの有志が集まって、8月に指定化したソフィア訪問看護ステーション鹿島田の周辺にて清掃活動を行いました。

お世話になっている地域に感謝の気持ちを少しでもお返ししたいという思いから始まった展開地域での清掃活動は、社内で有志を募って定期的に開催しています。

当初の予定ではステーション鹿島田指定化に合わせて8月に開催する予定でしたが、今年の夏は記録的な猛暑だったため、看護師の助言のもと参加者の安全を考慮して延期となり、本日の開催となりました。
この週末は、各地で行われたお子さんの運動会と重なったため、残念ながら参加できなかったメンバーもいましたが、それでも家族ぐるみの参加も多く、にぎやかな集まりとなりました。

ステーションから半径200mくらいのエリアを、軍手にゴミばさみやホウキ、ゴミ袋を持って歩きました。

数多くのステーションの清掃ボランティアに参加してきたスタッフからは、
「ゴミが少ない」
「綺麗な街だ」
といった声が上がるくらいゴミの収穫?は少なかったですが、それでも植え込みをよく見てみると空き缶が埋もれていたり、どこの街でもお約束のように見つかる壊れたビニール傘が今回も発見されたりしました。
  
  

通りかかったマンションの清掃をされていた方や、街を歩いている方から、「ありがとうございます」とお声をかけていただき、とてもうれしく思いました。  

子ども達も熱心にゴミを探してくれます。
街にはきれいな水路が流れており、数年ぶりにアメンボを見ることができました。

  収穫はしっかりと分別しました。

終了後はステーションに戻って軽食を食べながら色々な話をしました。ステーション鹿島田は、心地よく過ごせるようインテリアもお金をかけない工夫がされており、他の事業所のスタッフも感心しきりでした。普段なかなか会う機会の少ない他のステーションスタッフ同士の貴重な情報交換の場にもなっています。

ソフィアグループは、今後も地域の皆様との交流を深めながら、より良いサービスを提供できるよう研鑽してまいります。