サイト内検索する
open
ソフィアメディ株式会社 > 2018年 > 10月

【教育トピック】ステーションを支える大事な柱!事務職が集まり会社の方向性、ミッションなどについて共有と理解を深めました!!

【教育トピック】ステーションを支える大事な柱!事務職が集まり会社の方向性、ミッションなどについて共有と理解を深めました!!

樹々が色付き始めた10月29日(月)の午後、ソフィア訪問看護ステーション29事業所を支えている全事務職と本部スタッフの約40名が五反田研修ルームに集まりました!

ソフィアメディでは年に2回、会社方針の理解と業務の標準化・効率化のための知識習得、事務職同士の連携を目的とし、事務職だけを対象とした研修を実施しています。

今回は、会社全体の方向性事務職としての在り方や体制などについて共有と理解を深めました!

初めに、弊社代表取締役 山本社長より現在進んでいる新しい取り組みソフィアメディが目指す方向性についてお話を伺いました。
教育研修制度や人事制度や福利厚生、学びあいの体制など、事務職の皆様にも大きく関わることばかりです。皆さん、真剣な眼差しでお話を伺っていました。




次は、訪問看護統括部 駒込部長からのお話です。現在、ソフィアメディでは電子カルテの導入が始まっています。この動きに大きく関わるのが、レセプトの処理を行う事務の皆さんです。
これまで事務の皆さんから頂いた声を紹介しながら、現状の課題と今後の方針についてご説明頂きました。

現在抱える事務さんのご負担が少しでも軽くなり、また新しく入社された新人の事務さんも働きやすい環境となる内容に、希望に満ち溢れた視線を向ける方もいらっしゃいました。

駒込部長からは、事務職の皆さんはステーションを支える「1つの大事な柱」であるとお話がありました。
管理職とともに地域との関係、そしてスタッフが安心して働ける環境づくりを支えることが事務職の皆さんのミッションです。
今回の研修を通し皆さんが一つとなり、同じ方向に向かって行けるのではないでしょうか。




研修後は、五反田オフィス内のカフェスペースにて懇親会を行いました。
普段は参加が難しい方も参加して下さり大賑わい!!
あちらこちらにできた輪の中には、駒込部長を囲んでお話をするグループも。それぞれ日々の業務の悩みや、今日研修で伺った内容について、またプライベートについても!?お話が弾んでいました。事務職の皆さんの絆を深めることができたのではないでしょうか。



今後、事務職の方々の面談も予定をしています。皆さんの声を反映しながら全社一丸となって邁進してまいります。私たちクオリティ・マネジメント部も、事務職の皆さんのやりがいや働きがいに繋がるような研修作りの実現に向けて取り組んでまいります!!

ソフィアメディでは、入社以降、時期・段階・立場に応じて、様々な研修メニューを取り揃え、社員の長期就業とキャリアアップを支援しています。専門職向けの症例検討、技術研修といったフォローアップだけでなく、マネジメントやマーケティング、リスクマネジメント、人間学にいたるまで実践で役立つ研修に拘ったメニューを実施しております。今後も研修レポートに是非ご注目ください(#^^#)

下半期もスタッフ一同自己研鑽を重ね、日々ケアをさせて頂いているお客様とご家族様、そして地域の皆様の、生きがいの創造に寄与して参ります!!

<今後の研修案内はこちら↓>
●11/17(土)ソフィアメディセミナー
「知っておきたい拘縮予防・改善のケア」
 http://www.hokan-e-parlor.com/event/event4707/
 
●イベント案内
 http://www.hokan-e-parlor.com/events/
==============================
◆研修やセミナーについての問合せ
 クオリティ・マネジメント部:金杉
 TEL:03-6420-3875
 http://www.hokan-e-parlor.com/contact/

◆出張研修や講師派遣
 クオリティ・マネジメント部:廣瀬
 TEL:03-6420-3875
 http://www.hokan-e-parlor.com/contact/

◆訪問看護エデュケーションパーラー
 訪問看護に関わるスタッフの
 教育・研修に特化したWEBサイト。
 訪問の「技術向上」「健全経営」を支援します
 HP:http://www.hokan-e-parlor.com
 FB:https://www.facebook.com

【ソフィアトピック】11月1日、指定訪問看護ステーション三鷹を開設いたします。三鷹市に2つ目の拠点!

11月1日に 「ソフィア訪問看護ステーション三鷹」を開設いたします。
9月のソフィア訪問看護ステーションつつじヶ丘に続き、三鷹市で2つ目の拠点となり、総武線沿線へと展開地域を拡充いたします!

【指定訪問看護ステーション三鷹について】

所在地:
〒181-0012
東京都三鷹市上連雀3-11-7

JR中央線/西武多摩川線 武蔵境駅徒歩10分
JR中央線 三鷹駅徒歩10分
TEL:0422-26-6606
FAX:0422-24-8386

【訪問エリア】

ご要望をいただいていた三鷹市の中央線沿線をはじめ、武蔵野市周辺地域へサービス拡充いたします。

【事業所について】

住宅街の中の一軒家です。
日当たり、風通しがよく、広々として過ごしやすいオフィススペースに、更衣室や打合せスペースも完備しております。


  

  

今後の事業展開に対応できるよう、キャパシティには十分な余裕があります。
ご興味のある方は、お気軽に下記までご連絡ください。

<採用についてのお問合せはこちら
今後も段階的にスタッフを増員いたします。
お気軽に人事部・採用担当までお問合せください。
TEL:03-5773-5703

【教育トピック】ご本人・ご家族のニーズを明確にし、真の共通ゴールを設定!「関わり方の難しさからの脱却」について学びました!

爽やかな秋晴れとなった10/20(土)am、今回も在宅医療・訪問看護のサービスの質の向上を目指す看護師・セラピストほか精鋭が80名近く集まり、「平成30年度 第6回 ソフィアメディセミナー」を開催しました(*^-^*)

※本日もご来場誠にありがとうございます♪





今回のテーマは『家族看護Part2』についてです。講師を務めたのは、著書執筆も多数、看護師・社会福祉学博士でもある、柳原 清子 教授(金沢大学医薬保健学域保健学系看護科学・家族看護学/がん看護学)です。

柳原先生は主研究テーマを「がん・終末期・家族」としており、CNS(専門)看護師教育を通じて、実践家が持つ臨床知探索と在宅を含む看護臨床における揉め事(コンフリクト)を解決していけるスキルの開発が重要」と考え、家族ケア研究所と共同で「渡辺式家族アセスメント/支援モデル」の開発に携わっています。

今回は、昨年開催したソフィアメディセミナー「家族看護」の続編として、前回を少し振り返りながら、「家族支援」「在宅ケア現場と家族」について、掘り下げた内容をご講義頂きました。

講義に入る前に柳原先生から「講義が終了する12:30の自分を想像してください」との教示がありました。受講者からは、「在宅における家族看護を1つでも多く習得できている」「ご家族に対しての対応を学ぶ」などの声があがり、各々が本日の研修に対し、明確な目標を抱きながら、講義は進行していきました。

昨今の高齢者増に比例して、在宅でのケアを選択される方も増えており、その中でご家族様のご協力がなくては在宅でのケアは難しくなっているのが現状です。それ故に家族支援スキルが重要であり、家族アセスメント力が必須になります。

講義の前半では、家族アセスメント力の必要性について事例を基にワークを行いました。分析シートを用いて、家族分析し、その後、仮題(問題)の明確化をしていきます。明確化するには4つのステップがあり、登場人物になりきることでそのステップを学びました。その上でニーズをしっかりと理解(わかってほしい情緒的支援、してほしい手段的支援)し、ご本人・ご家族のニーズのズレを修正し、真の共通ゴールを設定します。



分析の他にも、家族アセスメント支援モデル、家族システムについても詳しく解説いただき、在宅医療に携わる私たちが、誰に焦点をあて、その人の持つ「状況」と「対処」に注目することが出来るか?そして、「問題」ではなく「解決」に対してどうすればいいか「手段・方法」をお教え頂きました。

今回紹介して頂いた「渡辺式家族アセスメント/支援モデル」について、柳原先生は、特に、関わりの難しい場面・揉め事(コンフリクト)場面の分析に威力を発揮すると仰いました。

そして講義終盤には「9:30の時、想像した自分から変化がありましたか?」との教示に、受講者からは、「早速、俯瞰してみることを実践してみようと思った」「考えていくときにピックアップしていくことが大事だと感じることができた」と目標に対して、納得感を得られたという声が多く上がりました!


受講者からもらった日常的な事例をもとに分析・考察をしたこともあり、充実の3時間の内容だったのではないでしょうか(*^^*)?

今回のセミナーも、ぜひ実践現場で役立てて頂ければ幸いです。

本日の詳細はこちら↓(資料掲載中!)
http://www.hokan-e-parlor.com/register/

※ソフィアメディセミナーでは、在宅医療に携わる多職種の方を対象に、業界レベルの底上げを目的に、実践現場に特化したメニュー、講師を招致し「お手軽な受講料」で提供しています。
さらに、WEB会員様においては、セミナー内容(講師より許可をいただいている研修に限る)をWEB上でノーカット視聴することができます♪

http://www.hokan-e-parlor.com/register/
★今後ともセミナーレポートをお楽しみに★
今年度も皆様のご参加心よりお待ちしております(*^-^*)!
———————————————————
【平成30年度 ソフィアメディセミナー】
http://www.hokan-e-parlor.com/sophiamedi-seminar/
⑦11/17 知っておきたい拘縮予防・改善のケア
(大起エンゼルヘルプ 田中義行)
⑧12/ 8 その浮腫みどうしてる?
(アロマ看護ケア 永杉彩)
★研修後、会員限定「特別企画」実施予定★
==============================
◆研修やセミナーについての問合せ
クオリティ・マネジメント部:金杉
TEL:03-6420-3875
http://www.hokan-e-parlor.com/contact/

◆出張研修や講師派遣、経営支援の問合せ
クオリティ・マネジメント部:廣瀬
TEL:03-6420-3875
http://www.hokan-e-parlor.com/contact/

◆訪問看護エデュケーションパーラー
訪問看護に関わるスタッフの
教育・研修に特化したWEBサイト。
訪問の「技術向上」「健全経営」を支援します☆
HP:http://www.hokan-e-parlor.com
FB:https://www.facebook.com

【教育トピック】ロールプレイングで大盛り上がり!主任・リーダーを中心に共感と納得のコミュニケーション術を学びました!!


秋晴れの心地よい10月15日(月)の夕刻、ソフィアメディ各事業所の主任を中心に、リーダーの役割を担う約40名を対象とした主任・リーダー研修を行いました!

本年は、「集団や組織の目標や課題を達成する上で必要なリーダーの役割について学ぶ」ことを目標に、クオリティ・マネジメント部が中心となり年間を通して全4回のカリキュラムを組んでいます。第2回目のテーマは「リーダーとしてのコミュニケーション」。

講師を務めたのは、クオリティ・マネジメント部 課長 皮膚・排泄ケア認定看護師の福田さんです。

【本日の内容】
*前回の振り返り
*コミュニケーションとは
*演習
*発表
*まとめ

7月の第1回研修から早3か月。久しぶりの再会に、開始前から、研修ルームは活気に溢れていました。エンジンが十分に温まったところで、振り返りのグループワークがスタート!問題に対しアプローチを試み、思う様に進まずまだまだ課題も多いというスタッフに対しては、グループ内のスタッフが労いの言葉をかける様子も見られました。講師の福田さんからは、トライ&エラーの繰り返しで、今日の学びを次に生かすことが大切だというお言葉もありました。

振り返り後は、コミュニケーションについて、講義形式で学びました。アサーティブコミュニケーション、聞き方、座り方、メッセージの出し方などなど、内容盛り沢山!自ら報連相ができているのかのチェックでは、一人ひとりが日々を振り返りながら、シートに自己採点を記入しました。

講義後の演習では、事例を基にロールプレイングを実施。「ステーション全体で行う朝礼後の掃除を行わないAさん」または「同じ理由のインシデントを繰り返すBさん」に対し、理解を促す伝え方や指導方法をグループで話し合い、セリフを考えます。演習からは訪問看護統括部長の駒込さんも飛び入り参加!Aさんの背景を踏まえた駒込さんの演技力に悪戦苦闘しながら、考えを深めます。

ロールプレイングをしていると、「これはまだ自分の中で落ちてない状態だよね」「なかなか心を開けないな…」「こんな言い方はどうだろう?」「もっとはっきり言ってほしい」など新たな気付きを得ていました。アサーティブコミュニケーションのポイントである、<誠実に><具体的に端的に><対等に>を体感し、具体的な言葉かけの実践も出来たのではないでしょうか。

また、どのグループからも笑い声が聞こえ、会場はとても賑やかな様子でした。時に腕を組みながら悩み、時に頭を突き合わせながら考えたことで、グループ内の団結力も強くなったに違いありません。


研修の様子をご覧になっていた山本社長からは、「共感と納得の組織にしていきたい」とのお言葉を頂きました。そのためには、本研修で学んだコミュニケーション力を高めることが必要になっていきます。
事業所や部をまとめる大切な役割を担う参加者の皆様が、研修の学びや日々のトライ&エラーを重ねながらコミュニケーション力をさらに磨きあげ、頼れるリーダーとして活躍されることを期待しています!!主任・リーダーの皆様、来年1月の第3回主任・リーダー研修でまたお会いしましょう(*^^*)♪


ソフィアメディでは、入社以降、時期・段階・立場に応じて、様々な研修メニューを取り揃え、社員の長期就業とキャリアアップを支援しています。専門職向けの症例検討、技術研修といったフォローアップだけでなく、マネジメントやマーケティング、リスクマネジメント、人間学にいたるまで実践で役立つ研修に拘ったメニューを実施しております。今後も研修レポートに是非ご注目ください(#^^#)

これからもスタッフ一同自己研鑽を重ね、日々ケアをさせて頂いているお客様とご家族様、そして地域の皆様の、生きがいの創造に寄与して参ります!!

<今後の研修案内はこちら↓>
●10/20(土)ソフィアメディセミナー「家族看護Part2」
 http://www.hokan-e-parlor.com/event/event4705/
 
●イベント案内
 http://www.hokan-e-parlor.com/events/
==============================
◆研修やセミナーについての問合せ
 クオリティ・マネジメント部:金杉
 TEL:03-6420-3875
 http://www.hokan-e-parlor.com/contact/

◆出張研修や講師派遣
 クオリティ・マネジメント部:廣瀬
 TEL:03-6420-3875
 http://www.hokan-e-parlor.com/contact/

◆訪問看護エデュケーションパーラー
 訪問看護に関わるスタッフの
 教育・研修に特化したWEBサイト。
 訪問の「技術向上」「健全経営」を支援します
 HP:http://www.hokan-e-parlor.com
 FB:https://www.facebook.com

【ソフィアトピック】お世話になっている街に感謝を込めて…鹿島田にて清掃活動を行いました!

10月13日(土)、ソフィアの有志が集まって、8月に指定化したソフィア訪問看護ステーション鹿島田の周辺にて清掃活動を行いました。

お世話になっている地域に感謝の気持ちを少しでもお返ししたいという思いから始まった展開地域での清掃活動は、社内で有志を募って定期的に開催しています。

当初の予定ではステーション鹿島田指定化に合わせて8月に開催する予定でしたが、今年の夏は記録的な猛暑だったため、看護師の助言のもと参加者の安全を考慮して延期となり、本日の開催となりました。
この週末は、各地で行われたお子さんの運動会と重なったため、残念ながら参加できなかったメンバーもいましたが、それでも家族ぐるみの参加も多く、にぎやかな集まりとなりました。

ステーションから半径200mくらいのエリアを、軍手にゴミばさみやホウキ、ゴミ袋を持って歩きました。

数多くのステーションの清掃ボランティアに参加してきたスタッフからは、
「ゴミが少ない」
「綺麗な街だ」
といった声が上がるくらいゴミの収穫?は少なかったですが、それでも植え込みをよく見てみると空き缶が埋もれていたり、どこの街でもお約束のように見つかる壊れたビニール傘が今回も発見されたりしました。


通りかかったマンションの清掃をされていた方や、街を歩いている方から、「ありがとうございます」とお声をかけていただき、とてもうれしく思いました。

子ども達も熱心にゴミを探してくれます。
街にはきれいな水路が流れており、数年ぶりにアメンボを見ることができました。

  収穫はしっかりと分別しました。

終了後はステーションに戻って軽食を食べながら色々な話をしました。ステーション鹿島田は、心地よく過ごせるようインテリアもお金をかけない工夫がされており、他の事業所のスタッフも感心しきりでした。普段なかなか会う機会の少ない他のステーションスタッフ同士の貴重な情報交換の場にもなっています。

ソフィアグループは、今後も地域の皆様との交流を深めながら、より良いサービスを提供できるよう研鑽してまいります。

【人事トピック】満員御礼♪DODA様主催の転職フェアに出展しました!

10月12日(金)に、東京ドームのプリズムホールで開催されたDODA転職フェアに出展しました。

今回の募集内容は、

◎営業職 ◎人事アシスタント ◎事務 ◎企画職です。

看護師、セラピストといった医療専門職が8割を占めるソフィアの社員ですが、残り2割は、今回募集中の事務や本部といった後方支援スタッフです。
他業種からの転職組も多数活躍しております。

会場中央寄りのコーナーという立地の良さもさることながら、明るい社内スタッフとわかりやすい募集内容が功を奏し、開場直後から引きも切らず、話を聞きたいという求職者の皆さんが訪れてくださり、スタッフ一同嬉しい悲鳴をあげました。

  

長くお待ちくださった方、タイミングを見て再来訪くださった方もたくさんいらっしゃいました。皆様、ご来場ありがとうございました。

         ※開場前の余裕ある笑顔。このあと、トイレ休憩もままならない数時間に突入…

ソフィアグループは今後も大きく展開してまいりますので、ソフィアの理念に共感していただける仲間を増やしていきたいと考えております。

採用について、お問合せはお気軽にこちらまで

→ ソフィア採用サイト

【教育トピック】制度知識を学ぶ研修で、参加者同士によるグループワークを交えて講義を行いました!


秋の季節をより感じやすくなった10月10 (水)の夕刻、業務を終えたソフィアメディ(株)の専門職と総合職約50名が一堂に会し、第5回フォローアップ技術研修<基礎編>を開催致しました!

前年度まで毎月1回開催していた技術研修ですが、今年度からは入社時期・臨床経験などに応じて対象者をしぼり<基礎編>と<実践編>の2部構成で開催しています♪

本日の内容は<基礎編>「制度知識(初級編)」です。
多くの方が苦手意識をお持ちの訪問看護制度について、制度の基礎知識を徹底的に理解して頂くことを目標にし、今回の研修を企画致しました。
また、研修中に全時間を講義に費やすのではなく、グループ形式にて参加者同士で交流を図り、お互い意見交換をしながら問題を解く時間を設けました。

講師を務めたのは、クオリティ・マネジメント部 課長 皮膚・排泄ケア認定看護師の福田さんです。

【本日の内容】
*介護保険/医療保険どちらで訪問するべき?
*介護保険のルール
*医療保険のルール
*加算について


今回は、新入社員を対象に入社時に行っている制度研修についてを復習しつつ、制度で勘違いしやすいポイントを踏まえて講義して頂きました。

初めに、訪問する際に介護保険と医療保険のどちらを使うべきかについて復習をし、①年齢 ②要介護の有無 ③疾病等(特別訪問看護指示書)の3点が判断の基準であり、具体的な事例としてパーキンソン病の重症度の注意点についてお話されました。
同じ病気でも重症度によって介護保険と医療保険に分かれるので注意が必要であると仰り、重症度は指示書に必ず記載しているとは限らないので、記載が無い場合は主治医に確認をする必要があると講じました。



次に、介護保険と医療保険のルールについて取り扱いました。介護保険は「看護師の訪問回数には制限がない」、医療保険は「原則1日1回、週3日まで」というようにルールが明確化されているため、それぞれのルールをしっかりと覚えることによって理解が深まります。

また、介護保険と医療保険についての説明が終わった後でグループワークとして、相談をしつつ制度についての問題を解きました。参加者同士で分からないところを一緒に考えたり、互いに教えあう姿が見受けられ、とても有意義なグループワークの時間になりました。
詳しい説明を聞きたいということで福田さんに直接質問をする姿もありました。




最後に、福田さんは「制度」について分からないことがあったら全てを覚えようとするよりも、都度「訪問看護実務相談Q&A」などを参考に、最新の保険制度を確認することが大事だと論じました。
講義で制度について学べたことによって、お客様等から制度に関する質問があっても安心して答えられるサポートになるような大変充実した研修になったのではないでしょうか?

今回学んで頂いた制度知識を、是非明日からお客様の為に活用してもらえればと思います(^-^)

ソフィアメディでは、入社以降、時期・段階・立場に応じて、様々な研修メニューを取り揃え、社員の長期就業とキャリアアップを支援しています。専門職向けの症例検討、技術研修といったフォローアップだけでなく、マネジメントやマーケティング、リスクマネジメント、人間学にいたるまで実践で役立つ研修に拘ったメニューを実施しております。
これからもスタッフ一同自己研鑽を重ね、日々ケアをさせて頂いているお客様とご家族様、そして地域の皆様の、生きがいの創造に寄与して参ります!!

<今後の研修案内はこちら↓>
●10/20(土)ソフィアメディセミナー「家族看護Part2」
http://www.hokan-e-parlor.com/event/event4705/

●イベント案内
http://www.hokan-e-parlor.com/events/
==============================
◆研修やセミナーについての問合せ
クオリティ・マネジメント部:金杉
TEL:03-6420-3875
http://www.hokan-e-parlor.com/contact/
◆出張研修や講師派遣
クオリティ・マネジメント部:廣瀬
TEL:03-6420-3875
http://www.hokan-e-parlor.com/contact/

◆訪問看護エデュケーションパーラー
訪問看護に関わるスタッフの
教育・研修に特化したWEBサイト。
訪問の「技術向上」「健全経営」を支援します
HP:http://www.hokan-e-parlor.com
FB:https://www.facebook.com

【教育トピック】信頼関係構築の具体的な方法・目標設定について、入社3~4か月のスタッフが白熱した議論を展開しました!


うららかな秋晴れが続く10月5日(金)の夕刻、平成30年5〜8月に入社した専門職等60名程が一堂に会し、今年度第3回目となるフォローアップ症例検討会を開催しました!

入社後3〜4カ月のスタッフを対象とした症例検討会では、事前に皆さんから頂いた「今、アプローチに悩んでいる症例」についてグループワーク形式で協議・検討します。

協議が発展し、話の焦点が脱線しそうな時は、経験豊富な管理者達がオブザーバー役としてバックアップ
(多忙な管理業務の中、新入社員への教育にご協力いただき、日々感謝です!)

~本日の内容~
1.タイムスケジュール・グラウンドルールの確認
2.グループワーク
3.全体共有・質疑応答
4.オブザーバー挨拶
5.懇親会

グループワークでは、「学び合う」をテーマに事前に用意をしていた事例について話し合いを行いました。入社後の経験や、過去の経験を基にそれぞれ意見を出し合います。

全員でわいわいと話を広げるグループ、司会を1名立てるグループなど、進め方も様々。管理者の方々は話が広がるよう助言をしたり、質問を投げかけたり、発表に向けて交通整理をしてくださっていました。

発表に向けてのまとめは一番苦労する作業です。ホワイトボードの前に複数名集まり、どうまとめるか試行錯誤!ここでも議論が白熱していました。
まとめが終わったあとも話し合いを継続したり、管理者方々の経験談を伺ったり、始終盛り上がっていました。

発表では、Ns,PT, OT, ST,CM,ヘルパーとの情報共有や、デイサービスとの連携について、信頼関係の構築の具体的な方法目標設定についての発表がありました。発表後は、管理者の皆様お一人お一人からお話を頂きました。過去の失敗談からの学びや、ステーション一丸となって取り組んだお看取りのお話など、訪問看護に取り組む大先輩のお話を直接伺えたことは、大きな学びとなったに違いありません。

症例検討会の後は、待ちに待った懇親会♪ステーションが異なると研修以外で顔を合わせることが少ないこともあり、どのテーブルも話が止まらないほど賑やかな会でした。存分に話が出来たからか、お店を出るスタッフ全員、 笑顔でいっぱいの様子でした。

訪問経験の有無、看護師経験年数、年齢もそれぞれ異なりますが、同時期の入社だからこそ、抱える悩みや相談、共有したいこと、共感出来ることなどなどが沢山あるはずです。
本日の会では、明日からの訪問に活かせる学びを得たのみならず、同時期入社の絆を深めることも出来たのではないでしょうか。
今後、入社後1年、3年と私たちクオリティ・マネジメント部主催の研修が続きますが、スタッフの皆様が働きやすく学びやすい環境作りが出来るよう、精進して参りたいと思います。

ソフィアメディでは、入社以降、時期・段階・立場に応じて、様々な研修メニューを取り揃え、社員の長期就業とキャリアアップを支援しています。専門職向けの症例検討、技術研修といったフォローアップだけでなく、マネジメントやマーケティング、リスクマネジメント、人間学にいたるまで実践で役立つ研修に拘ったメニューを実施しております。
これからもスタッフ一同自己研鑽を重ね、日々ケアをさせて頂いているお客様とご家族様、そして地域の皆様の、生きがいの創造に寄与して参ります!!

<今後の研修案内はこちら↓>
●10/20(土)ソフィアメディセミナー「家族看護Part2」
http://www.hokan-e-parlor.com/event/event4705/

●イベント案内
http://www.hokan-e-parlor.com/events/
==============================
◆研修やセミナーについての問合せ
クオリティ・マネジメント部:金杉
TEL:03-6420-3875
http://www.hokan-e-parlor.com/contact/

◆出張研修や講師派遣
クオリティ・マネジメント部:廣瀬
TEL:03-6420-3875
http://www.hokan-e-parlor.com/contact/

◆訪問看護エデュケーションパーラー
訪問看護に関わるスタッフの
教育・研修に特化したWEBサイト。
訪問の「技術向上」「健全経営」を支援します
HP:http://www.hokan-e-parlor.com
FB:https://www.facebook.com

【教育トピック】お客様の目標に向け、生活を再構築する「言語聴覚士の生活期リハビリ」について学びを深めました!


 衣替えも過ぎ、秋の装いが目につくようになった10月3日(水)の夕刻、業務を終えたソフィアメディ(株)のSTこと言語聴覚士約20名が一堂に会し、第5回フォローアップ技術研修<実践編>を開催致しました!

前年度まで、毎月1回開催していた技術研修ですが、今年度からは、入社時期・臨床経験などに応じて対象者をしぼり<基礎編>と<実践編>の2部構成で開催しています♪

本日の内容は「ST症例検討会」です。ソフィアメディでは、各ステーションにSTを 1~2 名配置し、小児へのコミュニケーション全般への発達支援や高齢者への言語訓練等を行っています。

リハビリと看護が別々の所から訪問することもある中、看護師や理学療法士(PT)、作業療法士(OT)と日々助け合い、学びあいながらお客様をケアし、全ステーションで専門職種の連携が取れることは私たちの大きな特徴です。
本日は、ステーションの枠を超え、ST同士の連携をより深める場として企画をしました。

講師を務めたのは、実際にSTとして日々地域のお客様への訪問をされております、ソフィア訪問看護ステーション成城 言語聴覚士 新家尚子さんです。

~本日の内容~
1.講義
2.グループワーク
 
 
 
 
前半は、新家さんに『在宅での ST の在り方』についてお話し頂きました。
病院と在宅でのリハビリの違いについて、病院では問題点を探し出し、評価をすることに力を入れるのに対し、在宅での生活期リハビリは、ご本人様やご家族様の目標・目的を第一に、生活を再構築することに違いがあるとご説明頂きました。

「料理をしていたらカレーが上手く出来るのではなく、カレーを作りたいと思うからカレーが上手くなる」。これと同様に、ただリハビリをやっていても生活の再構築が出来るわけではないのです。

とはいえ、特にSTとして関わる中では、自ら目標を明確に考えることそのものが難しい場合も多くあります。お客様が主体的に自分で考え、目標を一緒に探し出すプロセスそのものがSTにおける生活期リハビリテーションではないかと新家さんは説きます。

参加スタッフからは、実際の訪問ではお客様の変化や出来たことに対し、スタッフ自身が感じた嬉しい!!をお伝えすることで、目標を一緒に考えるきっかけにしているというお話も出ました。
 
 
後半は、事例から強みを見つける練習と、事例検討です。SWOT情報の分類シートを用いて、利用者と環境の強み・弱みを記入し、アクションプランを考えました。

事例検討では、「この環境が強みになるのではないか」「過去似たような事例がありこんな風に対応した」など、各スタッフが持つ引き出しを共有する様子が見られました。クオリティ・マネジメント部 課長 福田看護師や訪問看護統括部 部長 駒込さんも加わり、職種を越えたさらに活発な意見交換が行われました。話は尽きず、一度会を〆た後も皆さん席に残るほど。

参加したスタッフからは、「問題点ばかり上げてしまうことを再考したいです」「目標をたてる際に本人の思いをより取り入れていこうと思います」との声が上がっていました。
 
自身が持ち合わせていなかった視点を知る機会となり、スタッフ一人ひとりにとって、日々の訪問に活かせる内容だったのではないでしょうか。今後もクオリティ・マネジメント部として、STの皆さんが連携しやすいきっかけを作り、より働きやすい環境づくりのお手伝いをしていきたいと思います。
 
 
ソフィアメディでは、入社以降、時期・段階・立場に応じて、様々な研修メニューを取り揃え、社員の長期就業とキャリアアップを支援しています。専門職向けの症例検討、技術研修といったフォローアップだけでなく、マネジメントやマーケティング、リスクマネジメント、人間学にいたるまで実践で役立つ研修に拘ったメニューを実施しております。
これからもスタッフ一同自己研鑽を重ね、日々ケアをさせて頂いているお客様とご家族様、そして地域の皆様の、生きがいの創造に寄与して参ります!!

<今後の研修案内はこちら↓>
●10/20(土)ソフィアメディセミナー「家族看護Part2」
 http://www.hokan-e-parlor.com/event/event4705/
●イベント案内
 http://www.hokan-e-parlor.com/events/
==============================
◆研修やセミナーについての問合せ
 クオリティ・マネジメント部:金杉
 TEL:03-6420-3875
 http://www.hokan-e-parlor.com/contact/

◆出張研修や講師派遣
 クオリティ・マネジメント部:廣瀬
 TEL:03-6420-3875
 http://www.hokan-e-parlor.com/contact/
◆訪問看護エデュケーションパーラー
 訪問看護に関わるスタッフの
 教育・研修に特化したWEBサイト。
 訪問の「技術向上」「健全経営」を支援します
 HP:http://www.hokan-e-parlor.com
 FB:https://www.facebook.com

【ソフィアトピック】特別養護老人ホーム「新緑の郷」様にて各地で大好評の健康測定会を開催しました♪

10月1日(月)、ひさすえ地域包括支援センター様と合同で、特別養護老人ホーム 新緑の郷 様にて各地でご好評をいただいている健康測定会を開催いたしました♪

ソフィアでは血管年齢、体組成の測定機器をご用意し、ひさすえ地域包括支援センター様では、開眼片足立ち、握力、タイムアップゴーの測定を行いました。また測定終了後には、結果を元にした健康相談も行いました。

地域住民の方を中心に、約40名の方にお越しいただきました。

皆様、測定結果に一喜一憂しながらも大変楽しまれていたご様子でした。

 

 

「血管年齢老化予防の対策も知れてよかった!」

「前から筋肉量・体脂肪量を計りたいと思っていたのでよかった!」

「次回はいつやりますか?」

 

・・・などなど、大変嬉しいお言葉を沢山いただきました!

 

ご自身の身体の現在の状態を知り、健康のために何が不足しており、どのように改善すればよいかを知ることは、健康への大きな第一歩となります。
ぜひ、より多くの方に健康測定会にご参加いただきたいと願っております。

 

健康測定会についてのお問い合わせはお気軽に♪

ソフィアメディ営業・開発部
TEL:03-6420-3875

【人事トピック】新入社員研修☆新たな4名の仲間と共に!!今月は五反田の新オフィスにて開催!!

10月1日(月)、激しい雨風となりました台風24号が過ぎ、台風一過の晴天を迎えました本日、ソフィアでは新たな4名の仲間をお迎えし、毎月恒例の新入社員研修を実施致しました。今月は9月に本社を移転したばかりの五反田新オフィスでの開催です。

今月も看護師3名、理学療法士1名の新しいスタッフをお迎えし、社長直々の経営方針レクチャーがスタートしました。社長が交代してから早くも8ヶ月が経過しましたが、創業以来実施してきた社長レクチャーは現在でも欠かすことなく継続しております。

 

まずは自己紹介で社長とスタッフがお互いを知り、その後は経営方針についてのレクチャーをおよそ半日かけて実施していきます。本日参加されたスタッフからも「経営方針がきちんと徹底されており、とても安心した」「社長がとても親しみやすく、直接お話を聞けてよかった」などの声を頂き、改めて社長レクチャーの重要性を実感致しました。

 

現場で活躍する専門職スタッフにとって、社長直々のレクチャーは社長と関わることのできる貴重な時間となり、また、スタッフの皆さんの安心感にも繋がっております。

 

本日は女性スタッフのみの参加となりましたが、ソフィアは益々女性が働きやすい職場になっているとも自負しております。女性活躍推進に取り組む優良企業として厚生労働大臣が認定する「えるぼし」を取得していることに加え、ソフィアでは産休育休を取得し、その後ソフィアに復帰をされるスタッフも数多くおります。

 

現在でも15名程のスタッフが休業に入っておりますが、現時点では全スタッフがソフィアへの復帰を予定しております。それだけ産休育休も取得しやすく、さらにはその後も戻ってきたいと思える、そんな環境がソフィアには整っております。

 

 

もちろん女性に限らず、男性も益々働きやすい職場となっております。創立当初はほとんどのスタッフが女性でしたが、現在では男性スタッフも増加し、ソフィア全体の3割程度を男性スタッフが占めております。それだけソフィアが成長し、男性、女性が共に働きやすい職場になった証だと思います。

 

 

そんなソフィアですが、今後も男性、女性が共に働きやすく、活躍できる場として益々発展していけるよう、全社一丸となって邁進してまいります!