サイト内検索する
open
ソフィアメディ株式会社 > 2018年 > 7月

【ソフィアトピック】ステーション用賀のグリーンカーテン、着々と成長中♪

【ソフィアトピック】ステーション用賀のグリーンカーテン、着々と成長中♪

ご覧ください、この立派に育ったゴーヤ!

ソフィア訪問看護ステーション用賀では、既報の通り、グリーンプロジェクトに取り組んでまいりました。

5月にこの状態からスタートしたグリーンが・・・

 

今ではこの通り・・・見事なカーテンに育ちました!!

テラスを涼しく彩り、しっかりと影を作ってくれています。これからまだまだ育ちそうです。

猛暑と熱帯夜が続いていますね。この暑さは7月末まで続くとか。

各地で熱中症が多発しています。

皆様、日差し対策や水分・塩分補給など、十分気をつけてお過ごしください。

【教育トピック】★「今、アプローチに悩んでいる症例」をテーマに症例検討会を開催致しました★

夏本番の陽気となった7/13(金)の終業後、平成30年4月に入職した専門職30名ほどが一堂に集結し、フォローアップ症例検討会を開催しました!

 入社後3〜4カ月のスタッフを対象とした症例検討会では、事前に皆さんからいただいた「今、アプローチに悩んでいる症例」についてグループワーク形式で協議・検討します。(個人情報保護の観点から、特定に繋がるような情報は伏せています。)





協議が発展し、話の焦点が脱線しそうな時は、経験豊富な管理者達がオブ ザーバー役としてバックアップしています。(多忙な管理業務の中、新入社員への教育・育成にご協力いただき、日々感謝です!)

 今回の症例検討会で焦点となったテーマは、実際に訪問業務を経験していく上で、看護師も、セラピストも、避けては通れない症例かと思います。

 看護処置やリハビリテーションスキルだけではなく、医療者として、一個人としてどう向き合うか、もしも自分が「ご本人だったら」「ご家族だったら」どうするか。

「こうだったらいい」という介入の理想を実現するための具体策について、試行錯誤し、オブ ザーバーに見守られながら、それぞれの意見を出し合った後の発表時間では、皆様真剣な表情で聞き入っていました。

 「生きる」ということ「生き抜く」ということをどのように捉えるのか、今後、訪問をする上で大切な思いを感じることが出来たのではないでしょうか?

 今回あがった症例を通して、それぞれが考えることができた2時間だったかと思います。

 そして、症例検討会のあとは懇親会(o^^o)!

 同期と言えど、ステーションが違えば なかなか普段顔を合わせる機会もなく…だからこそ、入職から3ヶ月経っての「ひさしぶりですね!」「元気でしたか?その後どうですか?」など話しにも笑顔にもステキな花が咲きました♪

 本日の研修で得た気づき、知識と、ステキな笑顔で、今後も素晴らしい個性の発信、寄り添い、英知を活かした在宅医療の発信をよろしくお願いいたします(*^-^*)!

 ソフィアメディでは、入社以降、時期・段階・立場に応じて、様々な研修メニューを取り揃え、社員の長期就業とキャリアアップを支援しています。専門職向けの症例検討、技術研修といったフォローアップ、マネジメントやマーケティング・経営、リスクマネジメント、人間学にいたるまで実践で本当に役立つ研修に拘ったメニュー群は、弊社の自負するところです。(※一部、外部研修としても実施しています。)

 今後も、訪問看護・在宅医療・介護に関係する技術的なセミナーだけでなく、お客様・地域の皆様から信頼し続けてもらえるよう、サービス提供の質を高める為に全社をあげて精進致します(o^^o)!

<今後の研修案内はこちら↓>
●イベント案内
http://www.hokan-e-parlor.com/events/
●7/21(土)ソフィアメディセミナー特別企画
「個人情報及び、著作権法 について」
http://www.hokan-e-parlor.com/event/event5942/
=================================
◆研修やセミナーについての問合せ
クオリティ・マネジメント部:金杉
TEL:03-5773-5703

◆出張研修や講師派遣、経営支援の問合せ
クオリティ・マネジメント部:篠木
TEL:03-5773-5703

◆訪問看護エデュケーションパーラー
訪問看護に関わるスタッフの
教育・研修に特化したWEBサイト。
訪問の「技術向上」「健全経営」を支援します。
HP:http://www.hokan-e-parlor.com
FB:https://www.facebook.com

【教育トピック】★平成30年度 第3回フォローアップ技術研修<基礎編>「看護記録」をテーマに実施いたしました★


汗ばむ陽気となった7月13日(水)の夕刻、業務を終えたソフィアメディ(株)の看護師、セラピストスタッフ約30名が一堂に会し、第3回フォローアップ技術研修<基礎編>を開催致しました!

前年度まで、毎月1回開催していた同研修ですが、今年度からは、入社時期・臨床経験などに応じて対象者をしぼり<基礎編>と<実践編>の2部構成で開催していきます♪

本日は<基礎編>の第3回目として、「看護記録」を開催致しました!講師を務めたのはクオリティ・マネジメント部の佐藤 尚子看護師です。

看護記録について深く学ぶためには、丸一日を通して勉強する必要があります。今回の講義では、テキストを基に、看護記録について基本的な知識と、参加者に「本日マスターしてほしいこと」をピックアップし、その内容について細かく掘り下げていきました。




また、比較的少人数の参加者だったこともあり、参加者同士が互いに意見を交換し合いながら研修を行いました!お互いの悩みを共有でき、そして理解できる実に知識を深められる時間になったかと思います(^o^)

見たままを書く。
…行動や表情を読み取るのではなく、いまお客様がどのような状態なのか?

障害の内容を具体的に書く。
…症状ではなく、どうしてその症状だと想定できるのか

どうして問題がないと言えるのか

などなど「やってしまいがち、でもそれはダメ!」な手法について、例題を解きながら学び合いました。

正しい記録を取り、それをスタッフ間で共有し、お互いがお互いに「目的を持ったケア」を意識して、サービスの質が向上していくのだということを改めて認識することができました♪

在宅での看護記録の基礎~実践について、佐藤看護師の多くの経験・事例をもとに、お客様の様子をどう判断しているのか、その方法・技術を惜しみなく講義していただきました!




本日の研修において大切なのは、「お互いに知識を深めておくこと」です。多くの情報を確認し、文書に表現していくこと、目の前の様子に囚われない視点が重要だということを学び、看護記録を取っていく上で必須になるポイントを整理することができたかと思います。

お客様、ご家族の在宅での生活をより充実したものに、そしてスタッフの皆さんが自信を持って訪問できるよう、本日学んだ内容は、是非、明日からの訪問で活かして頂けたらと思います(*^^*)!

ソフィアメディでは、入社以降、時期・段階・立場に応じて、様々な研修メニューを取り揃え、社員の長期就業とキャリアアップを支援しています。専門職向けの症例検討、技術研修といったフォローアップだけでなく、マネジメントやマーケティング、リスクマネジメント、人間学にいたるまで実践で役立つ研修に拘ったメニューを実施しております。

今後も、訪問看護・在宅医療・介護に関係する技術的なセミナーだけでなく、お客様・地域の皆様から信頼し続けていただけるよう、スタッフの研鑽を積んでいきます!

<今後の研修案内はこちら↓>
●イベント案内
http://www.hokan-e-parlor.com/events/

●7/21(土)ソフィアメディセミナー特別企画
「個人情報及び、著作権法 について」
http://www.hokan-e-parlor.com/event/event5942/
=================================
◆研修やセミナーについての問合せ
クオリティ・マネジメント部:金杉
TEL:03-5773-5703

◆出張研修や講師派遣、経営支援の問合せ
クオリティ・マネジメント部:篠木
TEL:03-5773-5703

◆訪問看護エデュケーションパーラー
訪問看護に関わるスタッフの
教育・研修に特化したWEBサイト。
訪問の「技術向上」「健全経営」を支援します。
HP:http://www.hokan-e-parlor.com
FB:https://www.facebook.com

【教育トピック】★平成30年度 第3回ソフィアメディセミナー『食べたい!~嚥下困難者に対するケア~』を開催いたしました★


 梅雨が明けた7/7(土)am、曇天広がる七夕となった本日、在宅医療・訪問看護のサービスの質の向上を目指す看護師・セラピストほか精鋭専門職が100名近く集まり、「平成30年度 第2回ソフィアメディセミナー」を開催しました(*^-^*)
※本日もご来場誠にありがとうございます♪


 今回のテーマは「嚥下ケア」
副題は「食べたい!~嚥下困難者に対するケア~」です。
新宿区歯科医師会の副会長を務め、在宅療養者の訪問診療は「多職種連携の治療」と位置づけ、在宅医療に携わっておられる、エビナ歯科医院 院長の蛯名勝之先生を、講師に迎えました。


 お客様の疾患や、原因に沿った嚥下困難者に対して、その環境と合わせながら「食べたい」「食べさせたい」について講義いただきました。

~本日の内容~
1、 在宅療養嚥下困難者の背景を把握する
2、 在宅療養嚥下困難者のケア
3、 在宅療養患者さんへの医療連携ポイント

 「食べたい!」と考えるお客様や「食べさせたい!」と考えるご家族に対して行う嚥下ケアですが、疾患によって嚥下が困難になる原因は異なり、アプローチが変わってきます。ケアといっても、「何をするの?」「誰がするの?」「誰に相談したらいい?」という目線から講義はスタートしました。

 嚥下困難になる理由の一つとして、肺炎が多くあげられますが、在宅でよくあがっている肺炎はウイルス性なのか誤嚥性なのか、を見極めることが重要になります。誤嚥性肺炎が原因となった場合には、「誤嚥性肺炎になったエピソードはなんなのか?」を見極める必要があります。

 食べ物の租借への注意はもちろんですが、蛯名先生は「小さな食べ物が少し入った程度では肺炎になりにくい」と語ります。誤嚥性肺炎の場合には、歯周病菌などが原因となっていることが多く、就寝の際などに汚れを飲み込んでしまい、うまく咳がでずに肺炎になってしまうことが多いそうです。



 そのため、歯周病の予防のための、歯磨きの重要性を強く語られました。歯磨きといっても、歯の表面だけではなく歯茎や付け根の汚れを落としていく必要があります。たとえ入れ歯で洗浄がうまく出来ていても、サイズがあっていないと食べづらくなり、また歯周病のリスクも高まります。「食べること」への意欲を減少させないためにお口の中の環境を良く保つことの大切さを改めて学べたかと思います。

 また、食事は口からとりますが、食事をするためには身体的な力も必要になります。食事前の身体的な運動と、口腔体操がどちらも行える言葉を選び、ポップな曲調に作成された「新宿ごっくん体操」を紹介していただきました。

 そして、食欲を軽減させないためにできる介助方法として、咀嚼や飲み込みにあった食形態かどうか、食事の形態や食器の色、機能の重要性があると語ります。「視覚的にも情報量が多すぎず、わかりやすい色や量を並べる」「たくさんの量にすくんでしまう方には小鉢を1つ出して、食べおわったら次を出す」など、その方に合った食事を提供してあげることも大切だとお教えいただきました。

 「食べさせたい!」と考えられるご家族様にもできるお食事の介助方法について、適量をお口の中の適切な場所に、お口の状態を見てとろみをつけるなど補助を利用することや、逆流の防止のため、しばらくは座って休むことが必要といった、食後のアフターケアについても詳しく、丁寧にお教えいただきました。


 ソフィア社内外から集まった100名程が、原因に沿った疾患別の対応、介助方法、DVD等を使用したわかりやすい講義に、食い入る様子で聞き入っていました。

 歯科医目線での咀嚼、歯周、嚥下の機能についての講義は、改めて理解を深める場ともなり、会場からも終始、納得の声、感嘆の声、たまに笑い声⁉︎と、活気のある雰囲気の中、時間いっぱい会は進行しました

 講義の中で、蛯名先生は、「口の中というのは「針小棒大」な場所である。文字通り針のような小さなものでも、棒のように大きく感じてしまう」という教えを共有してくださいました。基礎的な知識をもちながらも個人の主張に寄り添い、個々に柔軟な対応ができるプロフェッショナルになるための方法を学べた本日の講義は、今後の訪問活動の大きなヒントになったのではないでしょうか?

 ※ソフィアメディセミナーでは、在宅医療に携わる多職種の方を対象に、業界レベルの底上げを目的に、実践現場に特化したメニュー、講師を招致し「お手軽な受講料」で提供しています。さらに、WEB会員様においては、セミナー内容(講師より許可をいただいている研修に限る)をWEB上でノーカット視聴することができます。この機会にぜひお申込みください(*^^*)!

http://www.hokan-e-parlor.com/register/

★今後ともセミナーレポートをお楽しみに★
今年度も皆様のご参加心よりお待ちしております(*^-^*)!
————————————————————————

【お得な回数券のご案内】
Web会員3,500円 (一般6,000円)
→WEB会員登録はこちら
 http://www.hokan-e-parlor.com/register/

→ソフィアメディセミナーの回数券のお申込みはこちら
 http://www.hokan-e-parlor.com/tickets/

————————————————————————

【平成30年度 ソフィアメディセミナー】
http://www.hokan-e-parlor.com/sophiamedi-seminar/
※講師敬称略

<特別企画セミナー>
7/21  個人情報及び、著作権法について
 (坪井・岡部法律事務所 岡部 鉱平)

④ 8/18 平成30年度制度改定のポイント 
~制度改定から読み解く訪問看護の本質~
 (公財)日本訪問看護財団 常務理事 佐藤美穂子)

⑤ 9/ 8 フットケア ~足を守ろう!~
 (下北沢病院 菊池守)

⑥10/20 家族看護part2
 (金沢大学 柳原清子)

⑦11/17 知っておきたい拘縮予防・改善のケア
 (大起エンゼルヘルプ 田中義行)

⑧12/ 8 その浮腫みどうしてる?
★研修後、会員限定「特別企画」実施予定★
 (アロマ看護ケア 永杉彩)

⑨ 1/19 やってみよう! 精神科訪問看護
 (聖路加国際大学 萱間留美子)

⑩ 2/16 在宅で役立つお薬の話
 (北里大学 近藤留美子)

⑪ 3/ 9 福祉用具~正しいマットレスの選び方~
 (ウエル・カムサポートセンター 熊谷佐智子)

==============================

◆研修やセミナーについての問合せ
 クオリティ・マネジメント部:金杉
 TEL:03-5773-5703
 http://www.hokan-e-parlor.com/contact/

◆出張研修や講師派遣、経営支援の問合せ
 クオリティ・マネジメント部:篠木
 TEL:03-5773-5703
 http://www.hokan-e-parlor.com/contact/

◆訪問看護エデュケーションパーラー
 訪問看護に関わるスタッフの
 教育・研修に特化したWEBサイト。
 訪問の「技術向上」「健全経営」を支援します☆

HP:http://www.hokan-e-parlor.com
FB:https://www.facebook.com

【教育トピック】★「組織に求められるリーダーシップ」をテーマに、主任・リーダー研修を開催いたしました★


南風が強い7月4日(水)の夕刻、ソフィアメディ各事業所の主任、そして事業所管理者より推薦を受けられた31名を対象に、主任・リーダー研修を行いました!

本年のリーダーシップ研修では、クオリティ・マネジメント部が中心となり年間を通して全4回のカリキュラムを組んでおります。第1回目のテーマは「組織に求められるリーダーシップ」。グループワーク中心の、充実の2時間半の会でした!

 
実体験に則したグループワークでは、理想の上司・先輩像についてや、一度は体験したことのある苦労話なども共有できました!そこで、自身がリーダーとしてどう考えていくか、参加者の皆さんの日々の想いが交わったことと思います。
 

 

 
 

リーダーシップやフォロワーシップは事業所のトップのものだけではありません。共通の目的を中心にチームは回っています。多種多様な意図、意思をチームメンバー全員で汲み取っていくことを学べたかと思います。

 
 
 
 

医療者として、組織人として、リーダーとして、自分に求められている役割はなんだろう?などを改めて考えるよい機会になったのではないでしょうか?

 

 

 

また、本日の研修に、山本社長も駆けつけ、参加者の様々な発表を真剣に聴講され、最後に貴重なお言葉をかけられました。社長のお言葉に、参加者も背筋を伸ばし、真剣なまなざしで組織としてを感じることができたかと思います。

今回の研修の最終目標は「集団や組織の目標や課題を達成する上で、必要なリーダーの役割について学ぶ」ですから、研修を受けた!完了!とならずに、この1年間を通してそれぞれの持ち場で「どう考え、どう行動するのか」を考え「実践する」ことが大切です!

それでは、選抜された31名のソフィアの主任・リーダーの皆さん。次回、10月開催の第2回主任・リーダー研修で、またお会いしましょう(*^^*)
 

 
ソフィアメディでは、入社以降、時期・段階・立場に応じて、様々な研修メニューを取り揃え、社員の長期就業とキャリアアップを支援しています。

専門職向けの症例検討、技術研修といったフォローアップだけでなく、マネジメントやマーケティング、リスクマネジメント、人間学にいたるまで実践で役立つ研修に拘ったメニュー群は、弊社の自負するところです。(※一部、外部研修としても実施しています。)ぜひ研修レポートにご注目ください(#^.^#)

<今後の研修案内はこちら↓>
●イベント案内
http://www.hokan-e-parlor.com/events/

●7/7(土)ソフィアメディセミナー
「食べたい!〜嚥下困難者に対するケア〜」
http://www.hokan-e-parlor.com/event/event4699/

●7/21(土)ソフィアメディセミナー特別企画
「個人情報及び、著作権法について」
http://www.hokan-e-parlor.com/event/event5942/

=================================
◆研修やセミナーについての問合せ
クオリティ・マネジメント部:金杉
TEL:03-5773-5703

◆出張研修や講師派遣、経営支援の問合せ
クオリティ・マネジメント部:篠木
TEL:03-5773-5703

◆訪問看護エデュケーションパーラー
訪問看護に関わるスタッフの
教育・研修に特化したWEBサイト。
訪問の「技術向上」「健全経営」を支援します。
HP:http://www.hokan-e-parlor.com
FB:https://www.facebook.com

【人事トピック】新入社員研修☆新たな13名の入社で今後の在宅医療をさらに盛り上げて参ります!!

7月2日(月)、梅雨が明けて夏本番も近づく中、新たな13名の仲間をお迎えしての新入社員研修が行われました。毎月様々な職種のスタッフが入社をしておりますが、今月は看護師8名理学療法士2名言語聴覚士3名の現場を担う専門職13名が集まっての研修となりました。

まずは自己紹介を通して社長とスタッフ同士が互いに打ち解け合い、その後は社長による経営方針レクチャーでソフィアにおける心構えなど学びを深めます。今日に至るまでは異なる環境で日々経験を積んできたスタッフの皆さんですが、今日からはソフィアという新しい環境で、それぞれの目標に向かっての再スタートです。

そんなスタッフの皆さんに今後のソフィアの理念と方針を共有し、迷ったときには拠り所としてもらえるよう、社長も熱心にレクチャーを行います。言葉の一つ一つに説得力のある社長の話には、今まで経営に携わったことのないスタッフの皆さんも懸命に耳を傾ける様子がみられました。

 

研修後には「病院というところでしか働いたことがなく、経営・お客様という視点が新しく、そのような視点をもって看護をするということが新鮮で楽しみです」「これだけ多くのスタッフが勤めている中でみんなに同じように接してもらえるということが、お客様にとっても最大のメリットにつながっていると思う」などの感想が述べられ、スタッフそれぞれがソフィアの方針に納得し、共感している様子が伺えました。

今月入社したスタッフの中には、知人紹介を通じてソフィアに入社を決めたスタッフも数名おります。これまでにも何名ものスタッフが知人紹介を経て入社に至っておりますが、ソフィアはそれだけ働きやすく、友人に紹介したいと思える環境が整っていると自負しております。社内紹介制度や社外会食費制度も設けており、そちらも随時活用頂いております。

 

本日集まったスタッフの皆さんは経験も動機も様々ですが、在宅という場で少しでもお客様に寄り添ったケアをしたいという想いは共通しています。そんなスタッフの皆さんが安心した環境で業務に専念することができるよう、今後も全社一同、体制、環境整備に努めてまいります。そして、多くの方々に「入社したい」「紹介したい」「戻ってきたい」と思って頂ける、そんなソフィアであり続けてまいります!